DevoLog.xyz

書きたいことを書く、書きたいときに書く

久々に観たら、大相撲が面白くなってる。


ここ数年ほど大相撲を見ていなかった。

白鵬は引退、日本人大関は次々に陥落、残る大関もその地位を守るのにいっぱいいっぱい、前頭の上位は三役になったりならなかったり。

そんな状況に、大相撲に魅力を感じなくなってきたことに加え、井上尚弥の最初のドネア戦を観て以来、にわかボクシングファンになったこともあって、大相撲から遠ざかっていたのだ。

しかし、今年になり、なんとなく、初場所を観てみようかなとNHKプラスで観戦したら、なかなかに面白くなってる・ω・

特に印象深かったのは、新入幕の大の里の将来の横綱を期待させる大器ぶり。

来場所の活躍が楽しみであるが、とにかく怪我だけはしないでほしい。

あと、琴ノ若がいつの間にか(っていうか自分が観てなかっただけ)強くなってて、今回、大関昇進も確たるものとした。

まだ、照ノ富士との間には力の差があるように感じたが、来場所、さらに強くなっていることを期待。

琴ノ若に関しては、時間いっぱいの仕切りの際の気合の表情に、あれ?前からこんな気合の入った表情をしてたかな?と思っていたが、たぶん、以前は違ったはず。時間いっぱいのしきりでも、ぽわ~んとした表情をしてたのでは?(記憶違いだったら申し訳ない)何きっかけかは分からないが、きっと精神的にも成長したのだろう。

とにかく、強くなってて驚いた。きっと、強い大関になってくれることと思う。横綱も決して夢ではない。

あと、いつの間にか翠富士が幕内に戻っているのも嬉しかった。

今から、来場所が楽しみである。