Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

真理はイエスにある

ただし、本当にあなたがたがキリストについて聞き、キリストにあって教えられているとすれば、です。真理はイエスにあるのですから。

エペソ4章21節

学び

イエスは「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです」(ヨハネ14:6)と言われた。時の総督ピラトは「真理とは何なのか?」(ヨハネ18:38)と問うたが、目前に立つイエスこそ真理であることを悟らなかった。イエスが真理であることを悟る者は「真理に属する者」(ヨハネ18:37)であり「わたし(イエス)の群れに属する者」(ヨハネ10:26)であり、また「神から出た者」(ヨハネ8:47)「神のみこころを行おうとする者」(ヨハネ7:17)である。私たちが「神のみこころを行いたい」という思いを持つ時に、イエスこそ私たちが求める真理であることが明らかにされる。

祈り

主よ、あなたは「わたしの願いではなく、みこころが行われますように」(ルカ22:42)と祈られました。私たちの祈りもまたそのようなものでありますように。常に私たちが神のみこころを求め、神のみこころにかなう願いを捧げることができますように。そのような者となる時、私たちはあなたが私の祈りに答えてくださる方であること。私の願うところ思うところを越えて、豊かに施してくださる方であることを知ることができるでしょう。どうぞ、私をとおして、あなたのみこころを行ってください。神の国をこの地にもたらしてください。