Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

ひとりの罪人が悔い改めるなら

一人の罪人が悔い改めるなら、神の御使いたちの前には喜びがあるのです。

ルカの福音書15章10節

学び

私たちがイエスをキリスト(救い主)として信じ受け入れることは、私たちが思う以上に偉大な霊的出来事である。それは神の奇跡なのである。私たちはそのことを十分に理解しなければならない。そして、今、私たちが信仰を持っていること、これまでの人生で信仰を保ち続けて来られたことも、また大いなる恵みであることを。

神はすべての人が救われて真理を知るようになるのを願っておられるが(1テモテ2:4)残念ながらそうなることはないだろう。いのちに至る門は小さく、狭く、そこから続く道は険しいからだ。そもそも、その門を見い出す人自体が少ないのだ。そのような中で、私たちはその小さき門を見いだし、その狭き門をくぐり、険しき道を今歩んでいる。イエスとともに、イエスに導かれて。

祈り

主よ。あなたの恵みと憐みにより、今、神の救いにあずかっていることを感謝します。この恵みがどれほど偉大なものであるかを私はまだ十分に理解できていないことでしょう。どうか私がこの偉大な恵みについてもっともっと理解することができるようにお助けください。また、この偉大なみわざを宣べ伝える者としてください。この世界にはまだ救いにあずかっていない選びの民がいます。その選びの民に福音を届ける者としてください。そのようにして、多くの人々があなたのもとへと帰ってまいりますように。