Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

信仰と生活を吟味する

あなたがたは、信仰に生きているかどうか、自分自身を試し、吟味しなさい。それとも、あなたがたは自分自身のことを、自分のうちにイエス・キリストがおられることを、自覚していないのですか。あなたがたが不適格な者なら*1別ですが。

コリント人への手紙第二13章5節

学び

新改訳聖書で「吟味」と訳している言葉については、他のほとんどの日本語訳聖書も「吟味」と訳している。それが、原語の意味を正確に訳出する日本語として最もふさわしいのであろう。

「吟味」とは「品質・内容などを念入りに調べて検討すること(旺文社国語辞典第十版)」である。リビングバイブルでは2コリント13:5-13の表題を「信仰と生活を点検しなさい」としている。私たちは自分が正しい信仰に立脚しているか、また福音に相応しい言動をしているか、定期的に、できれば日々内省することが大切である。

もし、それをしていないなら、その人は「イエス・キリストがおられることを自覚していない」人である、とまでパウロは言っている。それはまたペテロがその手紙で言っている「自分の以前の罪がきよめられたことを忘れてしまって、近視眼的になっている」(2ペテロ1:9)人であるとも言えよう。

私たちはそのような者とならないよう、日々、自分が福音にふさわしい言動をしているかどうか、キリスト者としての品性を身に着けているかどうか、またそれを保っているかどうか、点検する者となろう。

祈り

私は日々自分の信仰と生活を吟味します。キリスト者としてふさわしい言動をしているか、福音にふさわしい品位のある生活をしているか、注意深く点検します。

どうかそのためにも私がもっと霊的成長を求めることができますように。霊的に成熟し、多くの実を結ぶことができますように。またその実を持って隣人に益をもたらすものとなることができますように。そのような私の生き方をとおして、人々がキリストのもとへと導かれてまいりますように。

*1:新改訳聖書では脚注に「あるいは『本当の信仰者でないなら』」とある。不適格ということばは「アドギモス」というギリシャ語で「テストに合格していない、失格した」という意味がある(新聖書注解)。「除名された者」と訳しているバルバロ訳では「当時用いられたスポーツ用語」との脚注あり。