Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

鍛錬される神

ヨセフの足は 苦しみのかせをはめられ その首は 鉄のかせに入れられた。彼のことばがそのとおりになるまで 主のことばは彼を練った。

詩篇105篇18-19節

学び

ヤコブの11番目の息子ヨセフが、兄たちによって奴隷として売り飛ばされ、彼がエジプトの宰相になるまでの苦難の期間を詩篇105篇の記者は「主のことばが彼を練った」期間であるとしている。主なる神は私たちを訓練される方である(申命記8:5)。それは私たちを聖め、強め、成長させ、神の国を相続するにふさわしい者として整えるため、また地上においては、神の使命を果たす者として整えるためである。人生の試練は、それに正しい姿勢で臨む時、私たちにとって益となること、実り豊かな人生につながることを覚えよう。

祈り

あなたが私を子としてくださったがゆえに、私はあなたを「父」と呼ぶことのできる恵みを感謝します。また子とされたがゆえに与えられる訓練にも感謝します(へブル12:7)。あなたはその訓練をとおして私を聖めてくださり、私の目を開き、あなたを見ることができるようにしてくださいます。そして、義の平安を得ることができるようにしてくださいます。ただ訓練の時期は辛く悲しく感じられることでしょう。どうか、そのような中で私があなたの愛を疑うことがありませんように。あなたから迷い出ることのありませんように。ただあなただけを見上げ、キリストの兵士として整えられますように。