Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

偽キリストに騙されないように

そのときに、だれかが、「ご覧なさい。ここにキリストがいる」とか、「あそこにいる」とか言っても、信じてはいけません

マルコの福音書13章21節

学び

イエス・キリストの時代から今日に至るまで「キリスト(救世主)」を名乗るものはたくさん出て来た。それは今も変わらない。むしろ、今ほどキリストを名乗るものがたくさんいる時代はないのではないか。その中にはカリスマ性を持って多くの信者を獲得し、大教団を作り上げている者もいる。

しかし、彼らはすべて偽物であると聖書は警告する。どんなに素晴らしいことをしていても、どんに大きな奇跡をしてみせても、である。

天下にナザレのイエス以外にキリスト(救い主)はいない」これがキリスト教会が2千年の間保持してきた使信である。そして、再びイエスが地上に来られる時は、誰の目にも明らかな形で来られる。あそこに、ここに、という噂レベルの問題とはならない。

私たちはサタンに騙されないようにしよう。目を覚まそう。そして、いつ主が来られても喜んで迎えることのできるよう備えていこう。

祈り

終わりの時代にあって、キリストを自称する人々が多くいます。油断してそのようなサタンの惑わしに惑わされることがありませんように。

できれば選民も惑わそうと悪霊どもは攻撃してきます。それに対し、私はあなたの与えてくださった霊的な武具をしっかりと身に着けて勇敢に戦います。

偽預言者、偽キリストが驚くようなことをしてみせたとしても、それにひるむことはありません。むしろ、あなたにあって圧倒的な勝利者となります。アーメン。