Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

私は絶えずあなたを賛美します

しかし私は 絶えずあなたを待ち望み。

いよいよ切に あなたを賛美します。

~ 詩篇71:14 ~

学び

詩篇71篇の著者は表現を変えながら繰り返し「私は絶えず神を賛美します」と言っている。苦しみの中に置かれても、いやだからこそ、切に神を賛美すると。それこそが神を待ち望むことなのだと。

私たちはどうだろう?私たちの口には絶えず賛美が満ち溢れているだろうか?様々な逆境の中で、なおのこと主をほめたたえているだろうか?それとも日々神を賛美することを忘れ、それなのに何か問題が生じてくると神に不平不満ばかりを漏らしているようなことになっていないだろうか?

主の御顔は主を待ち望む者に向けられる。私たちはあらゆる時に、またいかなる時にも主を見上げ、主を賛美しよう。

祈り

私は絶えずあなたを賛美します。あふれるばかりに感謝します。どうか、さらにあなたに賛美と感謝を捧げるために私の霊の目を霊の耳をさやかにしてください。あなたの偉大さとあなたの恵みの深さ広さに対する理解がさらに深まりますように。私の目が地上のむなしいもの、過ぎ去ってしまう物に奪われることのありませんように。どんなに小さなことでも、そこに神の御手が伸べられていることを忘れることがありませんように。

主よ私はあなたを賛美します。今より永遠に。アーメン。