Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

あえて弱い器を

このことのために、わたしはあなたを立てておいた。わたしの力をあなたに示すため、そうして、わたしの名を全地に知らしめるためである。(出エジプト9:16)

学び

神はあえて弱い者を選ばれる(1コリント1:27)。その理由の一つは私たちが高ぶらないためであるが、あと一つの大事な理由は、神の力は私たちの弱さに完全に現れるからである(2コリント12:9)。私たちの弱さをとおして、神はご自身の力を示される。だからこそ、ある時は、強い者を弱くしてから用いられる。モーセはその典型だ。彼はヘブライ人でありながらエジプトの王宮で育った。そして、脂の乗り切った壮年の時期に自らの力でイスラエルを解放しようとした。しかし、それはあえなく挫折した。それから40年、すっかり遊牧民となった80歳のモーセを神は召された。「我こそは!」と思っていたモーセではなく「私なんて・・・」と卑下するようになっていたモーセをである。私たちは自らの弱さに失望することしばしばである。しかし、私たちが神を見上げるならば、その弱さが希望へと変わるのである。

祈り

主よ、私は自らの器の小ささやその弱さに飽き飽きとしてしまいます。しかし、あなたはあえてそのような私を選んでくださいました。どうぞ、あなたの栄光を表す器として私をさらに練り清めてください。あなたは決して大きな器を求めておられるわけではありません。この世界には大小さまざまな器が必要です。あなたの求めておられるのは聖い器です。どうぞ、私の汚れを、みことばの水によって、聖霊の火によって洗い流してください。そうして、あなたの臨在を運ぶ器としてください。