Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

霊の戦いにおいて勝利を治める

悪に負けてはいけません。むしろ、善をもって悪に打ち勝ちなさい。(ローマ12:21)

学び

善を行うことは悪に打ち勝つことである。これこそが「霊の戦い」である。クリスチャン生活を送っていると(特に聖霊派において)「霊の戦い」という言葉を耳にしたり、口にしたりしたりすることがあるかもしれない。ある人たちはそれを「悪霊追い出し」などの悪霊との直接的戦いに限定する。しかし、それは「霊の戦い」のほんの一部である。「霊の戦い」は日々のありふれた日常の中で絶え間なく展開されているのだ。イエス様は永遠の命を勝ち取った人々にこう言われる。「あなたがたはわたしが空腹であったときに、食べ物を与え・・・病気をしたときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれた」(マタイ25:31-46)さあ、私たちは主にあって今日も戦おうではないか。愛に基づいた行いの伴う、生きた信仰によって、永遠の命を勝ち取ろうではないか。

祈り

主よ、どうか、私があなたの備えておられる勝利の人生を歩むことができますように。日々、神の御心を求め、真心をもって愛を実践し、サタンに勝利を治めることができますように。私はあなたの与えてくださっている「今日」という日に、機会を逃すことなく隣人に対して善を行います。どうぞ、そのための知恵と力とを授けてください。たとえ、私の行った善が隣人の心に届かなったとしても、失望することなく、さらに善を行っていきます。そのようにして、天に宝を積み上げ続ける時、天国への希望は増し加えられ続けるでしょう。