Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

新天新地創造ありき

また私は、新しい天と新しい地を見た。以前の天と以前の地は過ぎ去り、もはや海もない。

ヨハネの黙示録21章1節

学び

現在の天地が神によって創造されたと信じる者は、新天新地も文字通り神によって創造されることを信じなければならない。今私たちが存在しているこの世界が神によって「無」から創造されたように、新天新地もまた「無」から創造される。それは、この天地は滅び去ることをも意味する。今の「地と天はその御前から逃げ去り、跡形もなくなる」(黙示20:11)のである。

私たちが知るべきは「新天新地」ありきでこの世界は創造されているということである。予想外に人間が堕落してしまったので、神はあわてて救いの計画を用意し、その一環として新天新地創造があるのではない。この世界が創造される前から新天新地の計画があったのである。

言い方を変えるならば、新天新地創造の一環としての天地創造であり、人間の堕落も織り込み済みの計画なのである。神が人間が堕落することを許されたのは、それもまた新天新地創造に欠かすことのできない要素だったからだ。

このことは人間の理解を超えているので理解に苦しむかもしれない。しかし、聖書を神のことばと信じる者は、これをアーメンと受け取るべきである。

祈り

私は新天新地創造を待望します。あなたの義と平和の治める新天新地を。私は新天新地を相続として受け継ぐために選ばれました。そして、そこにおいて主イエス・キリストとともに王として治める者となることを信じます。この地上での人生はそのための訓練の期間です。王の王であるイエス様がこの地上においてしもべとして生きることを学ばれたように、私もまたしもべとして生きることを学びます。どうぞ、この訓練の時を無駄に過ごすことがありませんように。聖霊によって導き、助けてください。