Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

救い

イエスは「わたしはある」である

それで、あなたがたは自分の罪の中で死ぬと、あなたがたに言ったのです。わたしが「わたしはある」であることを信じなければ、あなたがたは自分の罪の中で死ぬことになるからです。 ヨハネの福音書8章16節@新改訳聖書2017 学び イエスが「わたしはある」で…

真実の愛をもって生きる

キリスト・イエスにあって大事なのは、割礼を受ける受けないではなく、愛によって働く信仰なのです。 ガラテヤ人への手紙5章6節 学び ガラテヤ人への手紙5章6節の新改訳聖書では「愛によって働く信仰」と訳されている部分は新共同訳聖書では「愛の実践を伴う…

ひとりの罪人が悔い改めるなら

一人の罪人が悔い改めるなら、神の御使いたちの前には喜びがあるのです。 ルカの福音書15章10節 学び 私たちがイエスをキリスト(救い主)として信じ受け入れることは、私たちが思う以上に偉大な霊的出来事である。それは神の奇跡なのである。私たちはそのこ…

ヨベルの年

あなたがたは五十年目を聖別し、国中のすべての住民に解放を宣言する。これはあなたがのヨベルの年である。あなたがたはそれぞれ自分の所有地に帰り、それぞれ自分の家族のもとに帰る。 レビ記25章10節 学び 7年に1回の「安息の年」が7回繰り返された翌年の…

いのちとして宥め(贖い)を行うのは血

実に、肉のいのちは血の中にある。わたしは、祭壇の上であなたがたのたましいのために宥めを行うよう、これをあなたがたに与えた。いのちとして宥めを行うのは血である。 レビ記17章11節 学び 「血を食べてはならない」と神が命じられたのは「生物の命は血に…

どうして霊魂のままではいけないのか?どうして栄光のからだが必要なのか?

私たちはこの幕屋にあってうめき、天から与えられる住まいを着たいと切望しています。その幕屋を脱いだとしても、私たちは裸の状態でいることはありません。 第二コリント5章2-3節 学び Ⅱコリント5章では肉体を持たない状態を「裸の状態」と表現し、それが人…

聖霊によるのでなければ

神の御霊によって語る者はだれも「イエスは、のろわれよ」と言うことはなく、また、聖霊によるのでなければ、だれも「イエスは主です」と言うことはできません。 コリント人への手紙第一12章3節 学び 私たちは自分の意志で神を信じたと思っているかもしれな…

神の国に生まれた者として

わたしはラハブとバビロンを わたしを知る者として記憶しよう。 見よ ペリシテとツロ クシュもともに。 「この者は この都で生まれた」と。 詩篇87篇4節 学び 「この者は この都(みやこ)で生まれた」とあるが、「この都」とはエルサレムのこと。そして「こ…

私を回復させてください

神よ 私たちを元に戻し 御顔を照り輝かせてください そうすれば 私たちは救われます 詩篇80篇3節 学び 「私たちを元に戻してください」 このフレーズは詩篇80篇のキーとなるフレーズである(※他の訳では「回復させてください」「連れ戻してください」「あな…

イエスはあなたにとって何者か?

するとイエスは、彼らにお尋ねになった。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか?」ペテロがイエスに答えた。「あなたはキリストです。」 マルコの福音書8章29節 メッセージ あなたにとってイエスはどのような存在だろうか?あなたはイエスをどのよう…

神の命令に従って生きる

自分の道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せる。(詩篇50:23) 学び 信仰の人とは、神の律法(教え)に従って生きようとする人である。神はそのような人にこそ救いを与えると聖書は教える。律法を守ることによって救われると言っているのではない。人…

バラバ・イエスか、キリスト・イエスか

総督は彼らに言った。「おまえたちは二人のうちどちらを釈放してほしいのか。」彼らは言った。「バラバだ。」 マタイ27:21 学び マタイ27章16節は新改訳聖書第3版までは、イエスの代わりに釈放される囚人の名を「バラバ」とだけしていたが、2017版より「バラ…