Devotion Log

日々聖書を読む中で学んだこと、考えたこと、また祈り

人生

あなたの思考こそ、あなた自身

顔が、水に映る顔と同じであるように、人の心は、その人に映る。 箴言27章19節 学び 「人の心は、その人に映る」を「あなたの心の中に見るのはあなた自身です」(GNB)と訳す聖書もある。それは「あなたが考えていること、それがあなた自身である」と言い換…

神への信仰を大きくする

もしあなたが苦難の日に気落ちしたら、あなたの力は弱い。 箴言24章10節 学び 箴言24章10節の新改訳聖書の訳は、気落ちしている人を、さらに気落ちさせるような訳にも感じられる。よっぽど精神的に強い人は別として、苦難の中では多くの人が気落ちするものだ…

真の礼拝者として

しかし、まことの礼拝者たちが、御霊と真理によって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はそのような人たちを、ご自分を礼拝する者として求めておられるのです。 ヨハネの福音書4章23節@新改訳聖書2017 学び 神は「真の礼拝者」(新改訳第3版)を求…

もはや私が生きているのではない

もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。今私が肉において生きているいのちは、私を愛し、私のためにご自分を与えてくださった、神の御子に対する信仰によるのです。 ガラテヤ人への手紙2章20節 学び 「もはや私が生き…

世の知恵と知識が全然役に立たないわけではない

どうか私たちを見捨てないでください。というのは、あなたは、私たちが荒野でどこで宿営したらよいかをご存じで、私たちにとっては目なのですから。 民数記10章31節 学び 民数記10章で「私たちを見捨てないでください」とモーセが言った相手は神ではなく義兄…

「不正な富」に忠実であること

不正な富で、自分のために友をつくりなさい。そうすれば、富がなくなったとき、彼らがあなたがたを永遠の住まいに迎えてくれます。 ルカの福音書16章9節 学び 「不正な富」というと、その直前のイエス様のたとえ話しに登場する「不正な管理人」の言動から「…

聖徒の死は主の目に惜しい?

主の聖徒たちの死は 主の目に尊い。 詩篇116篇15節 学び 新改訳聖書では「主の目に尊い」と訳されている箇所がフランシスコ会聖書研究所訳では「主の目には惜しむべきもの」と訳されている。その訳に含まれるニュアンスを前面に出して私訳するなら「忠実な聖…

神の与える最高の”しるし”

神は仰せられた。 わたしがあなたとともにいる。 これがあなたのためのしるしである。 (出エジプト3:12) 学び エジプトで奴隷となっているイスラエルの民を解放せよとの命令を受けたモーセ。神が彼に与えた最初の”しるし”は「わたしはあなたとともにいる」…

財産を得ることではなく、悟りを得ること

人は死ぬとき 何一つ持って行くことはできず その栄誉も その人を追って下ることはない 詩篇49篇17節 学び 人は死ぬ時に何も持っていくことはできない。この当たり前の事実に私たちはしっかりと目を留めなければならない。ヨブは全財産を失った時に「私は裸…